Deposeries Coating & Overlay デポシリーズ 放電被覆・肉盛装置

製品概要

デポシリーズの原理

本体のコンデンサーに充電された直流電流を、10-3~10-1秒の周期で10-6~10-5秒の極短時間放電します。
これにより、電極材がワークとの接触部で8,000~25,000℃の加熱され、加熱された電極材はプラズマ化し、
ワーク表面に冶金的に転移します。転移した電極材は合金化し、ワーク表面に堆積、さらにワーク表面下に、
拡散・浸透し高強度密着を実現します。


<処理部の概念図> «コーティング・肉盛層の特性»
充分な熱拡散時間による低熱入力

スパーク時聞が極端に短く、インターバルが長いため、充分な熱拡散が行なわれます。
その結果、処理部に熱が蓄積せず、 他に類のない
低熱入力が可能になりました。

強固な拡散による高密着力

電極材はワークに合金化・堆積すると同時に、表面下に根の生えたような強固な拡散層を形成します。
これにより処理後も剥離しない高密着コーティング・肉盛を実現します。
( * 処理部概念図を参照 )

適用母材について・・・

低炭素鋼、中炭素鋼、工具鋼、金型鋼、鋳鉄、鋳鋼、ステンレス鋼、アルミ合金、
銅合金、ニッケル電鋳型、銅電鋳型およびほとんどの電気伝導体が対象になります。

デポシリーズの特長

高品質&高機能処理

  • ① 熱入力が低く、歪み、ヒケ、巣、応力が発生しません。
  • ② ワーク表面下に強固な拡散層を形成する為、密着性が良く、処理後に剥離しません。
  • ③ コーテイング層の厚さや面粗度を出力と周波数で調整できるため、イメージ通りの処理が可能です。
  • ④ ハイパワーコーティングにより、厚い皮膜と深い拡散層を形成するため、特性が長く持続します。
  • ⑤ 各種アプリケーターを使用することで、目的にあった処理が可能です。
  • ⑥ シールドガス(アルゴンガス等)により処理中の酸化を防ぐため、良質なコーティング・肉盛が可能です。

適用例

  • ① アルミダイカスト・鋳造金型のコーティングによる予防保全
  • ② 成形用金型の肉盛補修
  • ③ 機械部品の現場での補修
  • ④ プレス絞り型の肉盛補修、コーティング処理によるカス上がりの予防
  • ⑤ アルミ合金・銅合金の鋳造製品の欠陥補修
  • ※その他、様々な用途がございます。

広い適応性

  • ① 装置はポータブル。100 V の電源があればどこでも処理可能。
  • ② 大きなワークも分解せず、必要な箇所だけに処理できます。
  • ③ ワークの予熱や後熱の必要がなく、作業効率を大きく向上できます。
  • ④ 肉盛量を 0.1 mm 単位でコントロールできるため、余肉量が少なく、仕上時間を短縮できます。
  • ⑤ 処理部が摩耗しても、その上から重ねて処理できます。
  • 必要な箇所だけに肉盛補修
  • →
  • 仕上時間を短縮



ご興味のある製品※必須  スマートレーザー TL シリーズ デポシリーズ バイブロダイン ファイボーイ
お問い合わせ内容※必須  カタログ・資料請求 実演希望 サンプル作成・テスト加工・他
貴社名※必須
所属部署
ご芳名※必須
お客様メールアドレス※必須
住所
郵便番号
都道府県
市区町村/番地
アパート名など
電話番号※必須
FAX
ご意見、ご要望、ご質問など
上記の内容でよろしければ、送信ボタンをクリックしてください。