TOP > 用途事例 > バイブロダイン > 溶接時の加振で強度向上、歪み・クラックを防止

溶接時の加振で強度向上、歪み・クラックを防止

金属粒子が微細化し溶接強度が向上
歪み・クラックを予防

アルゴン・アーク・ガス・プラズマ等の溶接開始時から冷却時まで加振することによって、溶着金属の結晶粒子が微細化、溶接強度の向上、歪み・クラックを予防し疲労強度を改善します。
また溶接時の溶接電流および予熱後、熱の温度を下げることが可能です。

溶接時における加振効果

  • 平板へのコーティング

    金型を加振しながらTIG溶接

  • 丸棒(φ15)への凸形状処理

    溶接時における加振の効果

溶接時の加振による、歪み・クラック予防の事例

業種 部品名 重量(kg) 材質 目的・効果
補修溶接 鍛造機ラム 5,000 SC ラムのクラックを補修溶接開始から冷却時まで処理し、予熱・後熱の温度を下げ、歪み・二番割れを予防
自動車製造 自動車外板プレス型 3,000 FCD 加工公差の向上、工数の低減
肉盛溶接時に処理し溶接後、稼動後の歪みの防止
タンク製造 タンク架台 10,000 SS 溶接組立時に処理し精度の向上
産機製造 鋼板コラム 7,000 SS 溶接時に処理し溶接性、精度の向上
建機修理 バケット 1,000 Mn合金 接合および肉盛溶接時に処理して歪み、クラックの予防
造 船 アルミボード船体 アルミ アルミ溶接時に処理して溶接性の向上、歪みの防止

この他にも多くの適用が考えられます、貴社の問題についてご相談ください。

関連製品

バイブロダイン

放電皮膜・肉盛装置

バイブロダイン〈VibroDyn〉

振動エネルギーを用いて金属内部の応力を軽減・除去!
簡単な操作で共振波形を可視化するとともに、ワークの固有共振点を検出し応力軽減に有効な振動で容易に処理できます

関連キーワード

事例に関するお問い合わせ